キャリア変更で一箇所ネジ長さが変わるのでスタッドボルトを外します。
新品ガスケットを取り付けます。
キヤリア取り付けボルトを締めます。
プロペラシャフトを取り付けようと合わせたら若干長さが短いようです。
そこでセンターベアリングのブラケット取り付けネジを緩めてスライドさせます。
プロペラが合いました。
ペラの色でずれた部分がわかります。
アクスルシャフトを差し込んで取り付けボルトを締めます。
ブレーキを元に戻します。
オイルドレンパッキンを新品にします。
ブレーキオイル交換と新品オイルを入れて作業は終了。
試乗すると15インチタイヤではかなりハイギヤになっています。
オーナーさんが13インチに戻した時に丁度いいギヤ比になるでしょう。
作業工賃はこちら